非常用持ち出し袋に必要な中身って何日分あればいいの?

いざという時のための非常用持ち出し袋
非常食は何日分あればいいのか?

小さなこどもがいるとかの
家族構成でも変わりますし

支援が届きやすい場所
支援が届きにくい場所
と支援物資の届く時間でも
変わってきます

具体的に何日分なのか?
それ以外にも必要なものなどについても
見て行きたいと思います。

防災食はイザという時に何日分必要なのか?

一般的には3日分~1週間
されていましたが

南海トラフ巨大地震対策について
という国の防災会議で公表された
最終報告のものによると

被災直後は支援が行き届かないので
自活する備えが必要である
そう書かれています

ということは1週間くらいは
必要になってくるようです

非常食はどうやって保存すればいいのか

実際には1週間分の非常食を
防災リュックに入れるのは
現実的ではありません

防災セットのリュックの中は
だいたい3日分くらいまでのものが
ほとんどです。

なので、日持ちのよいもの
缶詰、乾麺などを普段使いのものに
プラスして家にストックしておくのが
よい方法だといえます

非常食でも暖かいものを食べられる方法とは

暖かい食べ物は、やはり安心感があり
非常時には心を落ち着かせることも
できますよね。

火を使わずに食材を温める
安全な発熱材と発熱袋を
セットにしたヒートパック
あると便利です

ヒートパックがあれば
保存食を温かい状態で
食べることができますね

非常食で不足しがちな栄養を補うには

非常食というとご飯やパン
などの炭水化物がどうしても
多くなってしまいます

肉や魚などのたんぱく質が
どうしても不足しがちになります

でも牛乳から作った
高たんぱくで高カルシウムの
保存食ミルクスティックだと
手軽に高い栄養価のものがとれ
便利ですね。

非常用の保存水を選ぶポイントとは

水は、非常時には命を守る
必須アイテムです

コンビニやスーパーで売っている
ペットボトルの強度だと
地震の時につぶれたり中身が
こぼれることもあるみたいです

やはり非常用の強度のしっかりした
保存水を用意しておいたほうが
いいようですね

おいしくて安全な非常食がすべて入っている防災セットだと

■ すべてセットされて届くので手間が省け必要な非常食がすべて揃います

■ 非常時でも暖かい食事ができ、不足しがちな栄養を補うことができます

■ 賞味・消費期限を管理するシートがあるので非常食の管理がラクチン!